2012年02月21日

海外に輸出されるケース

海外でも日本製の中古トラックは約7割程を占めている様で、日本においてもやはり7:3の割合で日本製の中古トラックが市場を占めています。中古トラックの主な輸出国に付いてですが、南米、東南アジア、アフリカ、中東と幅広い地域に渡っており、最近においてはロシアへの輸出についても注目されているみたいです。海外で日本製の中古トラックが走っている光景は多く見られる様で、海外において日本の中古トラックは大きなマーケットで有る事が伺えます。中古トラックの使用用途については建築に使われている場合が多く、現在は発展途上国でたくさん使われているそうです。日本の中古トラックはかなり評判が良く、性能面も機能面も耐久性も抜群と言われているそうです。平成15年10月にディーゼル車に対する規制が執行された事によって日本ではトラック市場が大きく動くこととなりました。その為にディーゼル車を処分する方向に動こうとしていたのですが、こうした海外での日本性の中古トラック市場が賑わっている事もあって、処分するよりも海外市場に出した方が良いのではないかと考える人が増えました。その分中古トラックが海外に輸出されるケースが増えたのです。日本で処分すると廃車扱いになり、環境面の問題から言っても色々と問題が出てくる様な感じですから、リサイクルと言う意味合いを含めても海外発展と言う意味合いを含めても中古トラックの現状にとっては良い事ではないかと思います。

高血圧サプリ
UVカット
posted by orenosisa at 13:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。