2012年01月24日

レベルがわかってしまいます

旅行の前半は事前に予約しておいて、後半は旅行中に探して予約する、なんてことも楽しいかもしれません。
ただ、フランスで大きなイベントなどが開催されている場合は、どこのホテルも満室になっていることもありますので、注意しましょう。
ホテルをフロントで予約するのですから、この場合は、もちろん、フランス語か英語が話せることは必須となります。
中でも安いホテルでは英語が通じないこともありますので、注意しましょう。
そのときのフロントの対応を見たら、そのホテルのサービスがある程度わかるでしょうね。
例えば、部屋を見せて欲しいとお願いした時、それに対して気持ちよく対応してくれるスタッフもいるでしょうし、面倒くさそうにするスタッフ、いろいろなホテルがあります。
「部屋は見せられない」と言うホテルもあるでしょう。
みなさんもご存知のように、ホテルのフロントというものは、そのホテルの顔と言えます。
せっかく訪れてきたお客さんに対して面倒くさいような対応をするスタッフが、ホテルの顔である、フロントで働いていることで、そのホテルのレベルがわかってしまいます。
そんなホテルはこちらからお断りですよね。
せっかく楽しい思い出となるはずの、フランス旅行も、ホテル選びを失敗すると、残念な思い出になってしまうこともありますので、くれぐれもホテル選びは慎重にしたいですね。
安くても快適で親切なホテルはたくさんあるはずですから、値段とサービスが理想的なら、少々の築年数もこだわらないとか、中心部から外れていても気にしないとか、自分なりに譲れる部分、譲れない部分をはっきりさせておくと、ホテル探しもしやすいでしょう。

寒天ダイエット
posted by orenosisa at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。