2011年11月23日

サイトがたさんあるわけではありません

Flashを全く使用しなくて済むと言う考えの人もいますし、そうではなくFlashはそのまま残っていくと考える人もいるのです。
2011年の時点ではHTML5に対応したサイトがたさんあるわけではありません。
したがって、本当のところはわからないのです。
また、HTML5だけではなくその他にもwebサイトで表現する手法はあります。
それらを総合的に評価することが大切なのです。
HTML5単体で見れば、当然のことながらHTML4でできなかったことができるようになっています。
開発者にとっては非常に有効な改定なのです。
HTML5を評価すると言うことは、これからのインターネットがどのようになっていくかを考えることにもなります。
HTML5だけですべてが完成できると考えている人はいません。
しかし、マルチメディアを統合して一つのアプリケーションとして動作することができれば、今までできなかったことが実現可能となるのです。
インターネットがパソコンから携帯電話に移行する傾向はこれからも強くなっていくでしょう。
また、家電がネットワークにつながることで、新しい分野でのHTML5の利用を考えていかなければならないのです。
IT業界のニュースなどを読んでいると、世界がどのように動いていくのかに強い興味をそそられます。
その中にビジネスチャンスがあるのです。

ウェッジウッド 食器
posted by orenosisa at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。