2011年11月07日

ソースを参考に

メリットやデメリットをある程度把握したら、次はさっそくCSSを作ってみましょう。
CSSを作るというと、何か特別なソフトやツールが必要に思うかもしれませんが、実際にはそういった特別な物は一切必要ありません。
CSSは、パソコン内に標準インストールされている、メモ帳などのテキストエディタさえあれば、誰にでも作れます。
これは、CSS1だからとか、CSS3だから、等のようなレベルによる違いはなく、CSS1でもCSS3でも同じです。
テキストエディタを使った事がないという人は、パソコン内の「プログラム」から「アクセサリ」を選択し、その中の項目にある「メモ帳」をクリックしてみると、テキストエディタが使用できるようになります。
もっと簡単な方法としては、パソコンのどこでも良いので右クリックして「新規作成」を選び、その中の「テキスト ドキュメント」を開けば、メモ帳機能が使用可能となります。
このテキストエディタを使って、まずはHTML文章を作ってみましょう。
この時点でよくわからないという人は、まず「HTMLとは何か」という点を学ぶ必要があります。
インターネット上にあるホームページのほとんどはHTMLで構成されているので、適当なホームページを開き、そこでツールバー内の「表示」→「ソース」を選択してみてください。
すると、そのホームページのHTMLが表示されます。
ほとんどのホームページでは、最初に<html>という表示がなされていますが、この場合はそのホームページがHTMLで作られているという事になります。
このソースを参考に、HTMLがどのような物かを確認してみましょう。

紫外線対策化粧品
posted by orenosisa at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。