2011年10月03日

味の傾向としては

いくらコストが安い、保存がきくとはいっても、食品において最も重要なのは、やはり「味」です。
冷凍食品を敬遠する人の中には、「どうせ冷凍食品なんて美味しくない」という先入観を抱き、食わず嫌いになっている人が多いのではないでしょうか。

これには相応の理由があります。
というのも、確かに昔の冷凍食品は、味や食感の面でいまひとつ…という商品も少なくありませんでした。
特に、揚げ物はベッチャリになってしまい、せっかくの食材が台無しという商品も、ゼロとはいえなかったでしょう。
そういった冷凍食品しか食べたことがない人は、現在においても冷凍食品に悪いイメージを抱いたままかもしれません。

ですが、技術の進歩は、想像を超えて凄まじいものなのです。
冷凍食品の製造方法は、年々進化を遂げています。
それに伴い、食感や味に関しては、一昔前とは比べものにならないほど質を上げています。

たとえば、から揚げや魚のフライといった揚げ物ですが、近年の冷凍技術では、これらをかなり揚げたてに近い形で保存することができています。
そのため、解凍して食べる際、ベッチャリとした食感になることはなく、むしろサクサク食べられます。
その上で、味の方も油でネットリということはなく、食材を活かした美味しい味付けになっています。

冷凍食品の味の傾向としては、やや濃いというのが一般的です。
そのため、特に子供に対してのウケが良いようですね。
わかりやすく、はっきりした味付けの物が多い点が、子供のお弁当としてよく利用されている理由のひとつといえます。

MUFGカード
24hコスメ
posted by orenosisa at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。