2012年03月20日

外の窓も同時に拭くとか

効果を試したくなるでしょうから、大掃除が待ち遠しく感じるかもしれませんね。

このように、まず、大掃除に必要な道具や洗剤などを準備します。
そして、どの場所をどの順番でやるのか、同時進行するのか、スケジュールを立ててみましょう。
例えば、お庭を掃除している間は、外の窓も同時に拭くとか、手際よく進めたいですね。

また、事前にお掃除のテクニックや、コツ、裏技などを知っておけば、実際に大掃除をする際にとても役立ちます。
ですから、大掃除の特集が組まれている雑誌を読んだり、テレビ番組をチェックしたり、また、インターネットで調べたりすることも良いでしょうね。
掃除方法を学ぶと、早く掃除も終わり、よりきれいに仕上がります。
例えば、新聞紙をぬらして窓を拭くときれいになるなど、ちょっとした知恵で、本当にガラスがきれいになりますよ。
情報を事前に集めておけば、効率的に大掃除が出来れば、時間の節約にもなるでしょう。

と言うことで、大掃除に大切なことは、まず、準備と計画です。
準備は先ほど述べましたように、それぞれの場所で使う洗剤や、ブラシ、タワシなど、そして、手袋も必要です。
また、最近では、カビキラーなども必要なお掃除洗剤だと思います。
それから、エアコンを掃除するスプレーも販売されていますから、それを使うとエアコンの内部まできれいにすることが出来ます。

顔パック
フェイシャルエステ
ヒザ下 脱毛
posted by orenosisa at 13:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

高齢者の生活に

省エネ対策と地球温暖化対策に利用できる技術として「HEMS」と業務用の「BEMS」が注目されています。
BEMSは「ビルエネルギーマネージメントシステム」。
HEMSは家庭用で、住宅におけるエネルギー消費機器の家電機器や給湯機器などをネットワークでつないで自動制御するものです。
スマートハウスで導入されている技術で、家庭内で使ったエネルギー使用量、機器の動作などを計測して表示し、住人に省エネを換気するものです。
国の地球温暖化対策本部もHEMSを普及させようと実証実験を行っています。
国内にあるHEMSの関連製品やサービスには、主にエネルギーの使用量をモニタリングできる「表示系」と照明やエアコンなど家電製品を遠隔制御できる「制御系」があります。
例えばWeb上でエネルギー使用量などの情報を見ることができるものでは、過去1年から2年分のエネルギー使用量や支払い料金を確認することができます。
他のスマートハウスを導入している類似世帯とエネルギーの使用量などを比較することもできます。
また住宅用発電設備のメーカーがモニタリングによってエネルギー使用量などをユーザーに提供してくれるものもあります。
この場合ユーザーの負担はありませんが、ユーザーが能動的に情報を得ようとしないためユーザー側の訴求力が課題となります。
ピークカット機能が付いた分電盤を使うと、電気の使いすぎをユーザーへ知らせて一時的にエアコンなどを自動停止させる機能があります。
必ずしも省エネにつながるとは限りませんが、ユーザーの認識を深めて家庭のエネルギー需要を管理することはできます。
「省エネナビ」などエネルギーの使用量をリアルタイムで表示できるものがあります。
リアルタイムに見ることができるため省エネ行動を換気することができます。
また他のサービスにHEMS機能をつけることで、遠隔地から家電や機器を操作することができたり、家庭内の見守りや防犯に役立てたりすることできます。
HEMSは省エネだけに特化したものではなく、生活見守り機能を役立てることで高齢化社会に大いに役に立つと考えられています。
高齢者の生活に合った省エネ情報を提示したり、生活者の行動パターンや好みから自動的に機器を操作したりして快適環境を作り上げていくことができます。

FX チャート
コンドロイチン
posted by orenosisa at 13:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

円高の影響も大きい

海外旅行に一度行った人ならば、パスポートを持っているはずですね。
それから何年か後にもう一度海外旅行に行くことになった時は、パスポートの有効期限を確認しておく方がいいでしょう。
いざ旅行に出発しようとする時になってパスポートの期限切れがわかったら、手続きが遅れてしまうかもしれないからです。
普通の場合は有効期限が切れたとしても何の問題もありませんし、特別な手続きは必要ありません。
パスポートの有効期限は5年または10年です。
発行してもらう時にはどちらかを選ぶことになります。
そして、期限切れのパスポートの場合はもう一度発行してもらうことになるのです。
これは再発行とは違います。
紛失などで有効期限内での発行手続きではないからです。
したがって、手続きとしては通常の発行手続きとなります。
方法は一度やっているはずですから、わかっている人がほとんどでしょう。
パスポートの有効期限は5年と10年があるのですが、それぞれで発行手数料が異なります。
もちろん、10年の方が高くなりますが、何度も海外に行くつもりならば10年の方を選ぶべきでしょう。
ただし、12歳未満の場合は5年のみが選択できます。
これは5年後の背格好などがかなり変わってくるからでしょうか。
最近はパスポートの発行手続きも簡素化されています。
比較的簡単に申請できるようになりました。
また、東京など需要が多い自治体では日曜日でも窓口が開いているようですね。
それだけ海外旅行に行く人が増えたと言うことでしょうか。
円高の影響も大きいのでしょう。

UVカット
ヒルズダイエット
posted by orenosisa at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。